妊活サプリのおすすめ商品を紹介しています

妊活サプリおすすめ100%天然由来葉酸サプリはオーガニックレーベル葉酸だけ

妊活サプリおすすめ100%天然サプリのオーガニックレーベル葉酸が最強

妊娠を望んで妊活をはじめてみると、色々と知らなかった事が出てきますよね
卵子の老化が問題、身体の冷えが問題、生理周期の崩れが問題・・・などなど

 

妊活をはじめて、気をつけなければいけないことがありすぎて大変色々な栄養を摂って妊娠しやすい身体つくりをするのが最重要項目

 

食生活の見直し、生活習慣の見直し
足りない栄養は、健康補助食品(サプリメント)で摂取
妊活サプリおすすめを紹介します


妊活サプリっていっぱいある

妊娠しやすい体作りのための栄養素として、マカ・ルイボスティー・たんぽぽ・イソフラボン・葉酸などが代表的です
それぞれ、マカサプリ、ルイボスティー、イソフラボンサプリ、たんぽぽサプリ、葉酸サプリと別々に買って飲んでいたら凄い出費です

 

ある調査では、妊活中の方は平均して4種類のサプリを飲み月に2万円近くを使っているとか
さすがに、そんなにお金をかけれない・・・とあなたは思ってオーガニックレーベル葉酸にたどり着いたんですよね?

 

オーガニックレーベル葉酸は、妊活に必要な栄養がたっぷり入っています
しかもそれだけじゃなくて、ビタミンやミネラルなども含んでいる非常に優秀な妊活葉酸サプリメントです

オーガニックレーベル葉酸が特に優れている点

オーガニックレーベル葉酸が特に優れている点は、原材料が全て天然由来成分で出来ていることです。
価格が高いサプリメントであれば、無添加で100%無添加という葉酸サプリはあるのですが、

 

オーガニックレーベル葉酸くらい安くて、100%天然由来成分というのは見たことがありません
しかも、妊活成分入りの葉酸サプリでは、きっと国内で作られている商品では、他に無いと思います

天然葉酸なのに安いって安全なの?

日本国内で天然葉酸で無添加の商品として、売られている商品はかなり数が少ないです

 

天然葉酸と合成葉酸という言葉があります。
違いは何かと言うと、天然葉酸が果物や野菜などの食品から抽出した葉酸成分なのに対して
合成葉酸は、科学的に作り出した葉酸成分のことです

 

合成葉酸の見分け方は、商品パッケージの原材料部分を見ると一目でわかります
原材料に「葉酸」と書いてあったら、それは合成的に作られた葉酸栄養素となります

 

オーガニックレーベルの原材料を見る、葉酸とは書いてありません
食品の名前がズラズラズラズラと並んでいます、自然由来のものから栄養を抽出している証拠です
参考元:ミルクアップブレンド

男性も葉酸を飲んだ方がいいの?

妊活と言うと、女性ががんばるイメージですが不妊の原因の半分50%は男性不妊と言われています
卵子の老化と言うのは、よく言われていますが精子も老化があります。
男性が葉酸を摂取する事で精子の染色体異常のリスクを低減するという研究結果が発表されています

男の葉酸摂取効果

二人目妊活は大変

最近息子が靴を履いて歩けるようになったため、主人と3人で、車で30分ほど走ったところにある公園へ出かけました。
その公園は、まだハイハイの赤ちゃんも遊べるよう、遊具の下にクッションが敷いてあり、屋外のすべり台でも安心して遊ぶ事ができました。その他にもサッカーや野球が出来るようなグランドや、小中学生が遊べるような大きな遊具もありました。いろんな年齢の子達が同じ場所で遊べるので、兄弟がいる家族にはとても便利な場所だなと感動しました。
遊園地やデパートのように、目新しいものがたくさんあるという訳ではないけど、天気の良い日や暖かい日には外で遊ぶのも大切だなと思いました。息子も普段遊んでいる所とは違い、広くて遊具のたくさんある公園に大興奮でした。
こんな近くに、広くて大きな公園があったなんて、こどもがいない時には全然知らなかったし、外で遊んだりなんて事もなかったので、とても新鮮で楽しかったです。
子どもが産まれてから、いままでとは全く違う生活になりましたが、新しい発見がたくさんあって嬉しくかんじました。

切迫流産と切迫早産

妊娠中に私を悩ませたのは、切迫流産と切迫早産でした。

 

特に最初の子を妊娠中には夫の両親と同居しており、無理をすることが多かったのです。今から考えると同居していた夫の両親に遠慮しすぎだったのかもしれません。義父も義母も当たり前ですが高齢でしたが、居心地の悪さばかりを気にせずに、代わりに買い物をしてもらったりなど協力を仰げば良かったのかもしれません。
2人目の時は切迫早産になり、帝王切開で取り上げられた子供を1日で喪失した虚しさを忘れる事はありません。

 

これから旦那さんのご両親と同居を考えている、あるいはもうされているという方は積極的に関わりを持つようにして下さい。元気な赤ちゃんに会うために沢山手伝ってもらいましょう。

 

妊娠期間中は何よりストレスを溜めないようにしましょう。ストレスが溜まってくると、イライラしてしまい大量に食べてしまったり冷静さを保てず危険な行動をしたりゆったりとした気持ちで過ごせなくなります。

 

 

すると、お母さんの体にとって負担が増え、赤ちゃんにも悪影響を与える危険性があります。

 

出産は命がけの、人生の一大イベントです。

 

過敏になりすぎるのも良くないですが、身も心も準備万端で出産にのぞめるよう、ゆったりと心身を整えていきましょう。妊婦生活を送る中、心掛けたい事は、食べ物や栄養バランスを見つめ直すことです。
自分で栄養を摂取することができない赤ちゃんは母親からもらいます。なので気をつけなければなりません。

 

カフェインは赤ちゃんによくありません。コーヒー、ウーロン茶、紅茶などのカフェインを含む飲料は控え、お酒やタバコもやめることです。また、カップラーメンなど簡単にできるようなインスタントは塩分が多いので控えてください。食べ物は家庭的なものにすることが大切です。

 

 

フルーツ類も摂るといいですよ。
妊娠期間は何よりお母さん自身がストレスをためないことがおなかの赤ちゃんにとっても重要だと思います。初産は特に今までとは全く違う自分の体や周りの環境に戸惑うことも多く、知らず知らずのうちにストレスが溜まることになると思います。そんなときに、栄養の偏りがないよう、また赤ちゃんの為にと健康に気遣うのは当然のことですが、無理をして行動、食事の内容に制限をかけることは精神衛生上、逆効果だと思います。

 

ストレスなくのんびり過ごすのが一番だと思います。妊娠線ができないようにするためには体重が増えすぎないようにする他に妊娠線を防ぐクリームを塗るのがよいと言われています。

 

クリームを塗る際にあわせてしっかりマッサージをするとより効果があります。理由はマッサージをして脂肪を柔らかくする事によって妊娠線が出にくくすることが期待できます。その際たっぷりとクリームを手にとり、くるくると全体に馴染ませたあと、縦横に何度もマッサージしていくのがポイントです。

 

 

その時、掴める部分はしっかり掴みながら揉むことも忘れずに。妊娠中はどうしても甘いものが欲しくなります。

 

 

実際、これまで特に欲しいとも思わなかったケーキやシュークリームが無性に食べたくなりました。しかし体重管理もしなければなりません。
ある程度運動してから食べるようにしていました。

 

体重維持と安産を実現するために一日一万歩の目標を持って歩いていました。

 

 

 

ただ歩きすぎも早産などのリスクを高めるため、無理は禁物です。
切迫早産で入院すると、なにより安静にしていることが重要です。
一日中点滴をし、食事、入浴、トイレの他はずっとベッドで生活します。点滴はウテメリンという副作用があるお薬で手の震え・動悸・息切れがひどかったです。

 

少しずつマシにはなっていくのですが…。

 

 

 

入院生活中は本当に暇で仕方ないので、大人向けの塗り絵、あみもの、パズル等でなんとか時間を潰してました。妊娠中に注意しておくべきことはたくさんあります。

 

 

 

季節を問わず、とにかくお腹を冷やさないこと、高いところの物や重い物を持ったりしないこと。運動はほどほどを心がけ、全力で走ったりは避けること、規則的な生活をして生活リズムを整えること。

 

これらは妊娠中誰もが言われることだが、やはり一番ためになったのはこれだと思う。産まれる前から、赤ちゃんに優しい言葉をかけてあげること。
優しく接すれば、優しい人間になり、冷たく接すれば冷たい人間になるこの言葉は産後もずっと忘れてはならないものである妊娠はとても素晴らしいことだと思います。赤ちゃんを授かったことはたまらなく幸せなことですよね。
妊婦検診では超音波検査をしますよね。

赤ちゃんの成長を診るためのものですが、男の子か、女の子かも分かりますよね。胎児の性別を早く知りたいという人も多いと思います。もし希望通りの性別でなくても残念に思わないでくださいね。
産まれてくる子は間違いなく世界一可愛い子です。
妊娠中に気をつけることは、とにかくストレスをためないことです。
ファンケル葉酸サプリ

ストレスをためてしまうと、イライラして暴飲暴食したり、冷静に物事を判断できず危ない行為をしたり心安らかに日々の生活ができなくなります。
すると、母体に負担がかかることになり、赤ちゃんにもよくない影響を及ぼす可能性があります。出産は人生の一大イベント。

 

 

命懸けです。
あまり神経質になりすぎるのもよくないですが、いいコンディションで出産を迎えられるよう、リラックスできる心と体を作りましょう。